トップページSEO対策(検索エンジン最適化) > 検索エンジン連動広告 支援サービス

検索エンジン連動広告(PPC広告)

 検索エンジン連動広告はリスティング広告やPPC広告とも呼ばれ、PPC(Pay Per Click)の由来の通りクリックされた分だけ広告費を払う広告のことです。
検索エンジンでキーワード検索した時にページのサイド部分や上部・下部などに表示される広告がこのPPC広告です。
 PPC広告は、掲載された広告がクリックされ、広告主のサイトが見られてはじめて1クリック分の広告費が発生するので、 広告主のサイトが見られた回数だけ支払うという点では、指定したキーワードによるニーズを持った顧客を獲得しやすいメリットがあります。 しかし、その反面で1日の広告費の上限設定などを怠ると、広告費が莫大になることがあります。
 PPC広告は、キーワードによってクリック単価が変動します。この単価も人気のある時やない時で変動します。 キーワードの人気度や、1日に割り振った広告費の金額によって、広告が表示される頻度が変わってきます。 広告が表示されても、クリックされなければ広告費は発生しません。
 PPC広告に取り組む時には、どのキーワードでどれだけの予算をかけて行うのかを施行錯誤しながら、効果を出す事になります。 また、PPC広告を出す地域(埼玉県や関東地方など)を限定できますので、地域を限定して広告を出したり、 広告期間を限定して広告を出したりします。 PPC広告に取り組む方は、営業マンが商品をどうやって販売しようかと考えて活動するのと同じです。 なんとなく広告を出してうまくいかない話を聞く事がありますが、なかなか厳しい世界です。
 PPCに取り組む人は、

  • 1.キーワードを設定(キーワードを選ぶ)
  • 2.キーワードに対する広告を作成し設定
  • 3.広告がクリックされた時に表示されるページを販売に繋がるように変更
  • 4.広告地域や広告期間を設定
  • 5.広告予算を割り当て広告開始
  • 6.広告の反響を確認

 上記のような作業をルーチンワークでこなします。
 PPC広告の専門家は、LPOだとかコンバージョンレートだとかいろいろ難しい言葉を言うので、良く解らなくなってしまう事が多々ありますが、 「いつ(期間)・いくらの予算をかけて・どこ(地域)に・どのような広告を出す、そしてその広告の効果はあったのかを判断する」という、 一般的なビジネス活動と同じ事なのです。

Google AdwordsとYahoo!リスティング広告(旧オーバーチュア)

 国内では、Google AdwordsYahoo!リスティング広告(旧オーバーチュア)が人気を2分しています。 どちらも、きちんとPPC広告に取り組めるのであれば良いと思います。 それぞれ、Google検索、Yahoo!検索以外に表示されるパートナーサイトがたくさんありますので、 広告を出す内容によってメリットがありそうなパートナーサイトを持っている方を手始めに始める事をおすすめします。
■Google Adwords
 Google Adwors Help
 Google AdWords 一般向け ガイドブック(PDF)
  この資料で、提携しているパートナーサイトも確認できます。
 Google AdWords スターター ガイドブック(PDF)
■Yahoo!リスティング広告(旧オーバーチュア)
 Yahoo!リスティング広告
  このページから「Yahoo!リスティング広告 ご利用ガイド(PDF)が見れ、提携しているパートナーサイトも確認できます。

PPC広告に取り組む方の初期段階をサポート(支援サービス )

 このページの冒頭で説明しましたが、PPC広告に取り組む方は、タイムリーに会社の営業状態を把握して活動できるような営業マンの位置付けです。 弊社でこれを代行できるとは思っておりませんが、お手伝いなら可能かと思っています。 PPC広告に取り組む方の初期段階をサポートいたしますので、ご相談ください。



CM




● お問い合わせ

お問い合わせは、お気軽にどうぞ
 当社の会社概要はこちらをご覧ください。
 顧客サポートはこちらをご覧ください。

● SEO(検索エンジン)対策サービス

● トップメニュー

QRコード
サイトマップ
サイトマップ










WEBサイトの広報に使える
おすすめリンク集